正しい支援正しい子供理解から最新の特別支援教育の理解 

’DSM5’の解説・発達凸凹の子供の対応から 特別支援学級経営のシステムまで

1 日時  平成27年12月27日

2 会場  浜松市市民協働センター

3 講師  小野隆行氏(岡山県公立小学校教諭)

4 資料代 申し込み後、専用MLにて連絡

 

5 講座内容

 

【第1部】

 通常学級担任に必要な特別支援の知識

講座1 DSM5って何?

     ~DSM5・合理的配慮など最新の

             特別支援教育情報の理解~

講座2 発達凸凹をもつ子供に対する

     指導事例レポート(公募)

      ~小野氏の解説でよりよい支援を~

講座3 小野氏に学ぶ パニック対応

      ~タイムアウトの技術を実践で学ぶ~

 

【第2部】

特別支援学級担任だからこそ、システムを作る

 

講座4 小野流特別支援学級経営のシステム

   ~個別対応に追われず、個人の力を伸ばす仕組み~

講座5 発達凸凹をもつ子供との接し方
   ~適切な支援で発達支援学級児童もこんなに伸びる~

講座6 ケース会議もシステムで!模擬ケース会議

   ~小野氏のケース会議を体感する~

 

【第3部】

みんなのハテナ?に講師が回答

講座7 ロングQA講座 ~25分間のロングQA講座 あなたの疑問もすっきり解決~

 

 

おかげさまで、盛会に終わりました

平成28年12月25日 第8回特別支援教育セミナー In 浜松

          ALL小野隆行講座を開催いたします。

アメリカLD教育の話、個別の支援計画の話など

魅力的な講座が盛りだくさんです。ぜひ、ご参加ください。

 

 

 

2015年 第8回特別支援教育セミナー 感想

 

子供が大好きという私の気持ちを保護者に伝える! もっと行っていく必要があるなと思いました。小野先生のご著書にある「チェーンを授業中にしまわせる対応」がとても役に立っています。ついつい子供たちを叱り、今までなんとやってきました。数年後を見据えた指導が大事。いろいろやりすぎないことも大事だとわかりました。  (女性 教諭)

 

DSM5ってなに?の講座で脳のシステムや薬の話を聞かせていただいたことがよかったです。何度か聞いたことがありますが、教育現場では、まだまだ縁のない話になり、記憶が薄れていたり、うろ覚えであったりする内容でした。医学的に知っておかないと現場で正しく理解できないことだと思いました。             (女性 教諭)

 

大変明確な内容でほとんど知識のない私にもわかりやすく理解できたと思います。

今は、通常クラスの子供たちと触れ合う支援員ですが、いろいろな子がおり、知識としては本当に必要です。

具体的な対処方法もご提示いただきよかったと思います。うちの学校も発達学級を備えていますので、ぜひ先生方にもお話いただくとより良い教育ができるのではないかと思います。また、浜松でいっぱい講演をお願いします。          (女性 教諭)

 

日々の子供たちへの接し方や指導の仕方を見直すことができるとてもいい機会になりました。子供たちにあれこれ注意してしまうことが多かったので、今回のセミナーで学んだことを実践にうつしていきたいと思います。プラスの声掛けと子供たちが自分で動くことのできるシステム作りをやっていこうというやる気が出てきました。ありがとうございました。

                                (男性 教諭)

 

 

☆速報☆

第10回

特別支援教育セミナー

      IN 浜松

ALL小野隆行セミナー

 

【日時】

2017年7月9日(日)

 13時から16時20分

 

【講師】

小野隆行氏

 

【場所】

浜松市市民協働センター

        
〒430-0929 

浜松市中区中央

     1丁目13番3号

 

【電車の場合】

JR浜松駅より 

    北へ徒歩8分

遠州鉄道 遠州病院駅

    徒歩2分

 

 

☆浜松市市民協働センターには、専用駐車場はありません。近隣の駐車場をお使いいただくか、公共交通機関でお越しください。